月別アーカイブ: 2018年7月

目に見えてシミが増えた

洗顔回数は1日に何回が最もよいのかおわかりでしょうか。正解はずばり、朝と夜の2回です。これ以上の洗顔回数は肌にダメージを与えてしまう1番の原因です。何回もすれば多い分肌にいいりゆうではなく、1日2回までとするのが美肌への道のりなのです。

お肌にできるシミには加齢が原因であったり、日光をあびることによりできてしまうことが多いですが、時には病気が原因の一つとして考えられるのです。もしも、突然目に見えてシミが増えたようであれば、何かの病気にかかるのかも知れませんし、すでに病気になっている可能性もありますので、至急、クリニックで現状を伝えて下さい。敏感肌イコール乾燥肌といっても良いくらい敏感肌と乾燥肌は同じカテゴリとして考えたほうが良いくらい深い関係であるといえます。乾燥肌に変わってしまうと、ちょっとした外部からの刺激をうけても過敏な反応を起こし、肌に湿疹ができたり腫れたりといった肌トラブルが発生してしまいます。

この原因には、肌の表面の角質層が薄くなって、外部からの刺激をうけやすくなっていることがその症状の理由です。近頃、肌の衰えが目立ってきたかも知れない、そうした方にはスキンケアでアンチエイジングを実践しましょう。一番効果があるのは保湿化粧水を使ってお肌に潤いを戻してあげることです。渇きはシワや原因になりハリがなくなるのですので、最近注目のヒアルロン酸が配合された化粧水で、しっかり潤いを与えてあげる事が重要です。年齢が上がると伴に、お肌に対する不満が増え始めてきたので、基礎化粧品(価格の大半は広告費にあてられているのだとか。原価率がものすごく高いという話です)をエイジングケア専用のものにしたり、美容液やクリームも同時に使うようになったのです。しかし、美容部員の方から聞いた話では、重要なのはクレンジングだという事でした。

現在使用しているものを使い終えたら、すぐにでも探してみようと思います。スキンケアしているのに肌が良くならないと思ったら、洗顔直後の肌ケアを見直してみましょう。洗顔したばかりの肌や、湿気たっぷりの浴室から出たときの肌は水を撒いたように潤っているはず。だけど本当は、表面上だけで、そのアトすごい乾燥が迫っているとしたらどうしますか?雨が降ったアトに急に乾いた泥はヒビ割れが生じますが、それと同じこと。持と持と潤っていたところが急に乾燥すると、表層部分では過剰な反応が起きます。いわゆるシワです。ただ、この時間帯さえ上手くコントロールすれば、毎度のスキンケア効果がうんと高まります。お風呂上りは間違っても鏡の前で「あ、ニキビ」などとどまったりしないよう気をつけて下さい。タオルで拭いたら化粧水(保湿効果のあるもの)やライトな乳液などでしっかりと水分を補充しましょう。

吸い込みが良いので、多めにつかうことがコツです。乾燥肌の人には保湿することが大切です。

重要なのは体の外からも内からも怠らないで下さい。具体的に体の外からというのは、肌に直接水分補給をして、保湿をしてあげると言うことです。

洗顔するときは低刺激の洗顔料を使うか、何も使用しないでぬるま湯で軽く付いた汚れを落とすように洗顔をしてみて下さい。

軽く洗顔したら、すぐに保湿することを忘れないで下さい。年齢を重ねていくと、気になってくるのがお肌のシミですよね。

ただし、シミの形状や気になる部分はどこか、といったことで、様々の種類がありますので、ドラッグストア(それぞれの店舗で売り場面積が異なり、メガドラッグストアと呼ばれる大きなものからミニドラッグストアまで様々あります)で薬剤師さんに相談したり、皮膚科へ行ってみるのもいいでしょう。でも、シミの全部が薬で治療できるりゆうではないので、扱いの難しいシミに、どうしたらいいか途方に暮れているのなら、全く趣向を変えて、レーザー照射という解決方法もご検討下さい。

ここ2、3年前から母親は顔にできてしまったシミに悩みを抱えていました。そのシミがどのくらいかというのはだいたい十円玉の大きさが一つ、もう少し小さいものが何個か左右の頬に散らばっていました。1年ほど前、母親の美肌友達より「発芽玄米はシミにいい」ときき、さっそく毎日の食事の時にできるだけ取り入れてきました。

だから、シミは薄くなっています。洗顔フォームやソープに重曹を混ぜて使ったら、肌の汚れがきれいになり、少しずつシミが気にならなくなってきたとの話題がウェブ上で広まっていますが、注意しなければ、逆にお肌を傷つけてしまうこともあり得ます。精製のレベルによって重曹は、掃除、食品、薬品などの用途に分けられます。食用の重曹なら大丈夫だと思われるかも知れませんが、洗顔用としては粒子が荒いので、あまり力を入れて洗わないようにしましょう。顔を洗ったらローションなどでお肌を整えるようにして、十分に保湿して下さい。