月別アーカイブ: 2018年1月

強力なバリアとしての機能は低下する

うっかり肌にできてしまったシミやそばかすをなるべく目立たなくしたいと考え、美容液(ビタミンC誘導体配合)を使っています。いっつもの洗顔をしてから、美容液を清潔な指先にちょっとだけ広げて、そばかす、シミが出来てしまったところに、軽くトントンとパッティングしながらなじませていくのです。使い続けて約一ヶ月くらいで、シミとそばかすが、少しずつ薄くなってきたと実感し立ため、すごく喜んでいます。皮膚の表面近くまで余すところなく張り巡らされた毛細血管は、皮膚を構成する表皮や真皮の細胞に、血液を介して酸素や水分、栄養を届けて、細胞からの老廃物を運んでいく通路にもなってます。喫煙による害は様々ですが、煙を吸った直後に起こる悪影響としては、体中の毛細血管が収縮してしまう、というものがあります。そのため、毛細血管の末端はつまってしまい、栄養や酸素が通れなくなって肌の細胞は酸欠になるんです。酸素も栄養も届きませんから、表皮は弱り、強力なバリアとしての機能は低下しますし、真皮もその機能を落としてしまいます。このようにして肌は張りや弾力を失ってしまい、シワ、たるみが増えるわけです。喫煙は、みずみずしい肌のためには御勧めすることができません。

自分がアラサーになって気づいたのですが、シワが出やすい肌タイプってあるようです。肌の薄い人がどうやらそれみたいで、出来てしまった小皺が消えなくなってきたのに気づいたら、今までと同じケアを続けるのではなく、自分の肌タイプについて考えてちょーだい。手の甲が薄くなっていたり、まぶたや目の下の血管がうっすら見えるような人は日頃から注意しておくべきでしょう。そういった肌は薄く、水分を充分にキープすることができないため、くすみやすく、肌の老化スピードが早まります。いままでシワがないからと思っていても、薄い皮膚は厚くはなりません。自分の現在の肌質と年齢に合ったケアを考えてみるべきではないでしょうか。健康維持を目的として喫煙習慣を止める方が多くなってきましたが、タバコを止めることは、お肌にも非常に好影響を与えることになるんです。喫煙時というのは、美肌をキープするのには絶対に必要なビタミンCを、たくさん使ってしまうという事実があります。要するに、喫煙は、シミやくすみなどといった、肌のコンディション悪化の引き金になってしまうというわけです。禁煙によって美肌が手に入ったというのは、多くの人が実際に感じている事実です。

鏡を見て、加齢によるシミににショックを受けたことはありませんか。とは言っても、同じシミでも形や体のどの部分にできるかということで、分類することが可能ですので、シミに合った市販のお薬を探してみたり、皮膚科に行けば、薬を出してもらうこともできるでしょう。市販薬やクリニックの調合薬が万能なわけではないのですので、あつかいの難しいシミに、どうしたらいいか途方に暮れているのなら、内服薬による内からの治療に加えて、外からのレーザー治療も一案として、頭に入れるといいと思います。紫外線を同じだけ浴びたとしても、それにより肌に出来るシミは人によって様々です。一言で言えば、性質としてシミになりやすい肌があるわけです。

詳しく言いますと、きめの細かい白い肌をさします。簡単な見分け方は、太陽の日差しで肌が焼けた時、赤くなってしまうタイプの人です。美肌というものは、とても繊細なものだといえるでしょう。顔を洗う際、石けんに重曹を混ぜて使用すると、毛穴の汚れや角質などが落ちて、シミも薄くなってきたみたいという声がネットで広まっていますが、気を付けないとお肌を傷つけてしまうかもしれません。重曹は精製の程度によって、掃除や洗濯用、食品用、薬品用などが存在します。

食用の重曹なら大丈夫だと思われるかもしれませんが、洗顔用としては粒子が荒いので、あまり力を入れて洗わないようにしましょう。そして、洗顔の後は化粧水などのスキンケアによって、充分な保湿を心掛けることが大切です。若い人の場合、なかなか自分の肌に危機感をもつことは難しいと思われますがスキンケアを全くしないまま、まだ何のケアしなくても、若いうちは大丈夫と考えている人はいますか?例え20代の肌であっても、お構いなしにシワはできます。

シワがなぜできるのかというと、その原因は主に紫外線や乾燥が肌に与える損傷ですが、そのダメージが日々積み重なっていくことが長く肌に影響するのです。

そういうわけですから、ハリのある瑞々しい肌を維持したいのなら、20代であっても、日々のスキンケアを行うべきなのです。愛好家の多いコーヒー(焙煎したコーヒー豆を挽いて粉末にして、お湯や水でその成分を抽出した飲み物です)や紅茶、緑茶などに多く含まれる成分であるカフェインは、肌のシミを増やしてしまう一因になるはずです。

。肌のいろいろなところにシミを広げたりすることもある上に、長い間、カフェインを摂りつづけていると色素が沈着しやすい体質になることが危惧されます。

それから、緑茶に含有されるタンニンもシミに悪影響がでやすい成分ですから、シミが気になるという人は飲み過ぎないようご注意ちょーだい。ビタミンCは美白作用があるということで、スライスしたレモンをお肌にのせてパックとすることが一時期流行っていましたがこれはパックではありません。かえって逆効果なので、もう誰も使っていません。レモンオイルには光毒性があり、肌につけると、紫外線の刺激に敏感に反応する作用があるのです。シミをできにくくする効果をレモンに期待するのなら、食べるか、飲んだ方がいいですよ。