月別アーカイブ: 2017年11月

乾燥は誰にでも思い当たる

お肌にできてしまうシミには加齢が原因であったり、紫外線が大聞く関係してできてしまうこともありますが、体の中で起きている疾患が原因のひとつとして考えられるのです。もしも、突然シミが増えた気がするのだったら、疾患が起こる前触れであったり、また、病気が進んでいる状態かもしれませんから、なるべく早めにクリニックで現状を伝えて頂戴。

睡眠不足、紫外線、食生活の乱れ。

どれも肌の老化を促進してしまいますが、小シワの原因で乾燥は誰にでも思い当たるところがありますのではないでしょうか。

大学病院の皮膚科では皮膚が弱い人は「真夏でも保湿」が常識です。

汗で皮脂が出すぎると回復に時間がかかってしまい、その間に老化が進みます。

気づかないうちに乾燥することもありますので、保湿ケアは怠ってはなりません。外出先の乾燥も気になるので、ミニサイズのエラートスプレーで保湿してヨレや乾燥を防ぎ、夏以降のキレイ肌を作るために、夏の間は徹底してオイルマッサージやフェイスパックなどの充分な保湿を行いましょう。

シワの原因を知っていますか。これはいくつもありますのですが、最大の原因と言えるのは「乾燥」です。

皮膚の水分が不足することで乾燥が進み、皮膚にシワが刻まれていくことになるのです。

顏の中でも目尻というパーツは、皮脂の分泌が少ない部分であり乾燥の影響を受けやすくなっており、他の部分に先駆けて、小ジワが出てきてしまうようなのです。さらに、加齢によって皮膚の張りを保つコラーゲン、ヒアルロン酸(角膜移植術などの眼の手術の際に、補助剤として使われることもあるそうです)といった皮膚の構成成分が減少の一途をたどるばかりですから、これもシワ、そしてたるみが起こる大きな原因です。主に30歳から50歳手前ぐらいの年代の女性が思いわずらう肌トラブルのうちのひとつが「肝斑」でしょう。

目の下、頬骨のあたりにほぼ左右対称に好発する、まるでクマのようなシミのことです。女性ホルモンが何らかの形で肝斑の原因となっているのではないかと疑われていて、肝臓の病気とは特に関係がないといわれています。目下、肝斑に効果のある飲み薬とされているのが、トラネキサム酸で、CMをご覧になった方もいると思いますが、大手化粧品メーカーや製薬会社から、内用薬として販売されています。一般的なシミ改善方法としていろいろな方法があるかと思いますが、肝斑に対しては有効ではありません。紫外線を同じだけ浴び立としても、それによって肌に出来るシミは人によってはそれぞれ違いが見られます。簡単に言うと、シミができやすい肌がある理由です。具体的にお話ししますと、白く、きめの細かい肌のことを言います。

見分け方についてですが、夏場、日焼けすると黒く残らずに赤くなる人がそのタイプだといえます。美しい肌はデリケートですから、注意が必要です。美容のために禁煙したほうが良いと言われているようです。肌の下では毛細血管による代謝が休みなく行われていますが喫煙すると血管が収縮するので、皮膚のような細い血管では血流が悪くなり、表皮や真皮に必要な酸素・水分・栄養が届かず、老廃物が溜まります。肌の一番外側にある表皮が劣化するとバリア機能がなくなるので、もっと太い血管のある真皮の機能までが劣化します。

その結果、肌の衰えが顕著になると、小皺が出てくるのです。

美容と健康のために、タバコはやめておいたほうがいいでしょう。甘いものはつい食べてしまいがちですが、要注意です。

糖質は、お肌がくすみ、老化を早める原因になるのです。糖分が体内でタンパク質と結合すると、老化が加速してしまう糖化生成物に変化するのです。

お肌のコラーゲンが糖と結合することで、糖化産物の色が目立って黄ぐすみが生じたりシミやしわ、たるみを引き起こしたりすることになりかねません。

できてしまった顔のシミをコンシーラーで目たたなくしようとしたのに、思いがけず、シミが目立ってしまった体験はないですか。

一般的に、ファンデーションを選ぶなら、お肌の色より、やや明るい色を選択する方がたくさんいらっしゃるようですが、シミを見せないためにコンシーラーを買うのだったら、お肌より明るいカラーをチョイスしたらシミがもっと際立ってしまいます。シミを隠すためにコンシーラーを選ぶ時は、肌よりもやや暗めのカラーを選択する事が要点です。

顔にシミがあるだけで、見た目年齢を引き上げてしまいます。

そんなシミのメカニズムを探ってみると、肌の細胞の内で作り出されたメラニン色素がその通り剥がれ落ちずに蓄積されたものなのです。お肌のターンオーバーを正常化することでシミの軽減が期待できるのですが、ピーリングで余分な角質を取り除くと、さらにその効果が期待できます。

でも、ピーリングで角質を落としすぎるとお肌の負担となってしまう危険性もあります。

美容の技術は目覚ましい進歩をとげており、今では肌のシミを消すことも可能になりました。何がシミを消すには効果的かというと市販のシミを改善するためのアイテム(RPGなどのゲームでもよく使う言葉ですよね)を使うことによってお肌にできてしまったシミの色素への効果を試してみるのと、美容クリニックでシミを消すコースを受けるやり方の二種類があります。予算、所要時間などの都合を考慮して自分にとってよいやり方で肌にできたシミの改善を行うことをお勧めします。

自分だからこそできるケア

「肌トラブルに悩んだことがない女性はいない」といっても過言ではありません。年齢を重ねていくとシミが気になってくるでしょう。シミをどうにかしたいと思ったら、積極的にビタミンを摂取するというのが有効でしょう。特にビタミンCは、シミの予防だけでなく既にあるシミを薄くしたりなくすこともできるでしょう。より多くのビタミンを摂れば健やかな肌を維持することができるでしょう。入社三年目位までは若いというだけで食事に誘われていたものですが、アラサーってダメですよね。化粧室で同僚と並んでメイクを直しているとき、肌のちがいにがっかりしてしまいました。肩凝りもひどかったので血行が悪かったのでしょう。すごいクマで(私は地黒なのでパンダかも)、目の下がなんだか青いんです。乾燥シワも目立っていました。

でも、おかげで、気づくことができたんです。年齢はしかたないけど、顔をつくるのは自分なんじゃないかなって。疲れていてもスキンケアは大切なことですから省いてはいけない、自分だからこそできるケアなんです。後々につながる美容を大切にしようと思うようになりました。肌にできてしまったシミが気になっている女性も多数いることでしょう。シミ改善に効果的な食べ物として、あげられるのが、はちみつなのです。

はちみつのふくむ成分によりシミのもとになっている色素を目たたなくなる働きがあるため、皮膚に現れた色素沈着、つまり、シミやそばかすなどを目たたなくしてくれるのです。シミが無ければ良いのにとお悩みだったらはちみつを買ってみるというのも良い方法ですよ。脂っぽい肌の場合、潤いが十分な肌に見えますが、実は水分不足に陥っている状態、というケースを多く目にします。

肌の表面にカサツキがないのは、テカリの目立つ肌は過剰な皮脂分泌が実行されていますので、表面上の乾きは防げる場合が多い為です。でも、この皮脂がが原因でお肌がトラブルを起こすことになりますから、洗顔でほどほどの状態にする必要があります。アンチエイジングはいつから初めるべきかというと早いうちから初める事が大切です。遅くなっても30台から初めるのがよいでしょう。実際、目の周囲の皮膚は薄いですから、目元、周りを保湿するのは絶対必要なことです。また、化粧品のことだけを考えるのではなく、バランスが安定した食事をとり、生活リズムをちゃんと整えて下さい。敏感肌は、大変デリケートなので、洗顔が適切でないと、肌のトラブルが起きることがあります。化粧落としの時、顔をごしごし洗ってしまいがちなのですが、お肌の弱い人は、やさしく洗顔しないと、肌荒れを起こしてしまいます。適切な洗顔方法でデリケートなお肌と付き合っていきましょう。

肌にできたシワやシミが回復せずに残って増えていく。

アラフォーってそんな感じですよね。個人差はありますが、だいたいそのくらいになると妙に疲れやすかったり、疲労がとれにくかったりして、目の下に大クマが出立て口周りの下がりが本人以外にも目に見えるようになってきます。それはもう明らかにアラサーとは違う感じで、例えば若い頃なら肌が荒れても疲れていてもリフレッシュをかねた潤いケアをすれば、しゃきっと元気になりました。

しかしアラフォーは回復しないのです。回復するスピードより劣化するほうが早くなるのではないかと思うことも多くなりました。自分は36歳でいまギリギリですが、ちょっと不安です。スキンケア真っ最中にふと思いついたことがあります。個人的には大発見だったのですが、それは肌の質が柔らかければしわもなかなかできにくいのではないでしょうか。目尻にある細かいしわとか、ほうれい線とかがなんとかならないものか、と思っていたのですがしばらく前から炭酸パックを初め、以前より肌に柔らかさが出てきたことを、感じるようになったころにはしわが薄くなってきたようで、気にならなくなってきました。炭酸パックとしわの消失、関係あるのでしょうか。若い頃には考えもしなかったようなシミが、30台半ば頃から顔や手の甲に目立つようになってきたんです。私の場合は原因がはっきりしていて、日光にふくまれる紫外線、それが私の肌を容赦なく焼いたのです。

母となり、最初はベビーカーを押して、その後は手をつないで、毎日のように共に近くの公園まで出かけ、午前中たっぷりと遊ばせました。二人分の支度は意外と手間がかかるものです。とてもとても念のために日焼け止めを持つなんてできません。ただ、シミのないお肌の為には、外出時の日焼け対策は必須です。ポケットに入れてでも持っていくことにします。ちかごろ話題の一日1食健康法ですが、どんな若返り効果があるのか気になる人も少なくはないはずです。

飢えた状態になると分泌されるホルモン量が増すとされていて、それにより若返り効果があるとのことです。

例えばホルモンが増加すると、シワやたるみができるのをおさえるなどです。